大家さんに嬉しいサービス|賃貸管理に依頼しよう

貸主のメリット

レディ

利益を得やすい状態に

賃貸経営で、賃貸保証会社と契約することには、多くのメリットがあります。なぜなら賃貸保証会社は、借主の連帯保証人代わりとなる会社だからです。契約すると、たとえ借主が家賃を支払わなかった場合でも、賃貸保証会社に代わりに支払ってもらえるのです。つまり貸主は、借主による支払いの有無に関係なく、利益を得ることができるわけです。また、多くの人が入居の際には、親兄弟などの身内に連帯保証人となることを依頼しています。しかし中には、依頼できる人がいないために、入居できないという人もいます。ところが貸主が賃貸保証会社と契約している賃貸物件になら、連帯保証人のいない人でも入居することが可能です。するとその賃貸物件には、より多くの借主が集まることになります。このことも、貸主にとっては大きなメリットとなるのです。さらに賃貸保証会社は、家賃滞納を繰り返す人への退去勧告もおこないます。そして退去後には、スムーズに家賃を支払うことのできる経済力のある借主を、速やかに探します。これを繰り返すことで、徐々にその賃貸物件は、全ての借主が家賃を滞納しないという良い状態になっていくのです。加えて、万が一退去勧告を受けた借主が訴訟を起こした場合には、その訴訟費用も賃貸保証会社が出すことになります。退去が決まった時の借主の荷物の処分も任せることができるため、こういった費用や労力における負担がなくなることも、貸主の利益につながると言えます。